筋肉が好きか?と聞かれて好き、大好き、愛してると答える人のための情報サイト!
自分に合ったジムの選び方
■フィットネスジムでやりたいことは?
レッスン中心に通いたい(ヨガやボクササイズなど)
レッスンに力を入れているスポーツジムは多いので、いろいろチャレンジしたい人は種類の豊富なところを選ぶといいでしょう。
レッスンは100種類以上ありますので、興味のもてるプログラムを実際に見学してみてください。

レッスンの種類

筋トレ系:
バーベル、ボディパンプ、シェイプクロスなど
ダンス系:
エアロビクス、ヒップホップ、ズンバ、サルサ、フラダンス、ベリーシェイプ、バレエなど
調整系:
ヨガ、ピラティス、骨盤調整、ホットヨガ、太極拳、バランスボールなど
格闘技系:
ボクシング、キック、ボディコンバットなど
その他:
プール系、暗闇系、対戦系、専用の器具を使用したものなど

男女比や年齢層は?

エアロビクスやフラダンスなどは女性が多いですが、ヒップホップやJAZZダンスは男性も多く、筋トレ系や格闘系などは男性人気が高いです。
年齢的には、おばさま層が多めですが、土日祝は若い女性や男性の割合も大きくなります。
魅力的な女性インストラクターには、男性が集まり、イケメン男性インストラクターには、女性が集まる傾向があります。
平日は女性7~8割、年齢は30代後半~40代、50代の日中時間に余裕のある方が多いようです。
円グラフ表示

レッスンに参加するメリット

第1位 長続きしやすい:
・週に1~2回で強制じゃないので無理なく続けられます。
・大勢でやるので心細さが無く、安心感があります。
第2位:初心者でもOK
・毎回のように初心者や初めての方がいるため、インストラクターが気配りをしてくれます。
・大勢いても基本はみんな他人なので、馴れ合いやしがらみはありません。
第3位:楽しくできる
・音楽に合わせるので、自然に体が動き、テンションが上がります。
・レッスン時間が40~50分ぐらいなので、長すぎず短すぎずちょうどいい疲労感です。
・インストラクターが明るく魅力的だったり、引き締まったイケメンだったりする(例外もあり)。

レッスン料金

レッスン料金は月会費に含まれていることが多く、ほとんどは追加料金無しで参加出来ます。
特別なレッスンや講師、施設を利用する場合は、別料金になる場合もありますが、ジムで行っているものは3,000円もかからないのがほとんどです。ホームページなどでご確認ください。
ダイエットするために通いたい(有酸素運動、プールなど)

有酸素運動をするための設備はどこにでもありますが、プールが付いているところは限られていますので、要チェックです。

スイミング

スイミングは全身運動なので消費カロリーも多いのでオススメです。ただ疲労感もずば抜けているので、慣れるまでは無理をしないでください。
24時間空いているジムでもプールをいつでも使えるわけではありません。スタッフの常駐している時間帯や、水泳教室をやっていない時間帯だけの場合もあるので、 時間帯を合わせられるのかも確認が必要です。
ガンガン泳げば、最も短期間で体が引き締まってくるはずです。(ビート板を持って歩いてるだけではダメです)

ランニングやウォーキング

いい汗をかきたい人にはピッタリです。テレビやYouTubeなどを見ながらだと楽しんでやれるでしょう。
汗をかくことは老廃物を排出することにもなりますので、美容にも効果的です。
ただジムでのランニングやウォーキングでは痩せませんので、心肺機能を強化するために利用するのがいいでしょう。

ランニングやウォーキングでは痩せない!

それなりに汗はかきますが、脂肪が燃焼していない限り、体温を下げるために水分を放出しているだけです。
汗をかいた分だけ体重は減りますが、水を飲んだら戻ります。
地面が動いているところで足を動かしても、筋肉はほとんど使われずに、惰性で動くことになります。
それであれば、外を走った方が地面を蹴ったり、スピードに強弱が付く分、消費は多くなります。
ジムで2時間歩いても、普通の食事をすれば戻ってしまいます。カロリー消費の少ない運動を長時間続け、厳しい食事制限をすれば少しずつ痩せますが、 長続きさせるのは難しいでしょう。
ただ、心肺機能が鍛えられ、酸素を効率よく取り入れられるようになったり、血流がよくなることは美容やダイエットにも効果的なので、無駄ではありません。
筋肉をつけたい(筋トレ機器、フリースペースなど)

筋トレマシンはどこのジムにもありますが、やはり最新の機器がそろっているところがオススメです。より効率よく鍛えられるマシンの方が結果に繋がるので長続きするでしょう。

筋トレマシン

自分が筋肉を付けたい部位を鍛えるためのマシンが揃っているのかどうかが大事です!
見た目のかっこよさを追求するために、大胸筋や上腕を鍛えるトレーニング方法はいくつもありますが、それをどれだけ実行できるのか。
基礎代謝を増やしてダイエットするために、背筋、腹筋、大腿を鍛えたい人は、それ用のマシンが何台有るのか。
体幹を鍛えたり、首や肩、腰、膝などの強化をしたい人もいるでしょう。
自分やりたいトレーニングができるマシンをしらべ、それが設置されているところに通いましょう。

フリースペースや設備

マシンでは物足りない、もっと細かい部位を鍛えたい人は、フリースペースを利用します。
ダンベルやバーベル、フラットベンチ、懸垂バーなどを使って体を鍛える人用の場所です。
そこにいる人達は、健康のためでは無く、ガチ勢と言われる本気で鍛える、筋肉を付ける、強くなることを目標にしているストイックな方々です。
女性でも肩や背中の筋肉を披露しながら、黙々と懸垂をしている人もいます。
決して、「何のためにそこまでするんですか?」などと聞いてはいけません。
■フィットネスジムの場所、プラン、料金をチェック
通いやすい場所は?
会社員でしたら、会社帰りに寄れる場所で無いと続きません。土日のどちらか行くレベルではほとんど効果が出ませんから 週に2~3回通うとすれば、会社と家の間にあるジムになります。
続けるためには、何かしら楽しみがあることも重要です。綺麗な夜景を見ながらトレーニング出来たり、魅力的なインストラクターがいたり、 温泉が付いていたり、マッサージが付いていたりと、特別な目的がある場所であれば、ちょっとぐらい遠くてもいいかもしれません。


どのプランがいいの?
平日の日中に通える人は、日中のみのデイ会員がオススメです。
会社員でレッスンメインにやりたい人は、土日のみのホリデイ会員で十分ですし、本気で痩せたい、綺麗な体と作りたい人は、 いつでも利用できる必要があります。ナイト会員という深夜のみ利用可のサービスもありますが、あまり人に会いたくない人向けだと思います。 深夜のトレーニングは筋肉にあまりオススメでは無いのと、シャワーやマッサージ、プールなど利用できない時間帯であることが多いようです。

料金は?
ちゃんと使えて、安く済ませたいのであれば、会社に法人会員になってもらって利用する方法です。
全額会社負担になるか、自己負担を安く抑えられるのでお得です。
ライザップのように短期集中で高額な金額を投資して、結果をコミットするのも悪くは無いと思います。
その際は、必ず一括払いにしてください。これだけ払ったんだから、絶対痩せないと、と思うことが大事です。
分割払いにしたら、2~3ヶ月のサービス後に数年間ローンを支払い続けることになり、リバウンドとローンのダメージに引きずることになります。
現在の相場では、6,000円~9,000円ぐらいのコースが一般的です。

どんな施設がオススメ?
個人的には、シャワーが無いとことは避けるべきだと思います。
夏だったり、汗をかくようなトレーニングをした後に、そのまま帰らされるという地獄。
シャワーに使用時間が決まっていて、利用できない時間帯があるジムも要注意です。
シャワーが無ければ、お風呂も無い、サウナも無いでしょう。これらがあれば、さっぱりするためだけに行く価値もあります。
マッサージやエステも別料金にはなるでしょうが、疲れた体には気持ちいいものです。
プロテインバーはあっても無くてもいいですね。味にも好みがありますので、市販のもので十分です。
日焼けマシンもそれほど焼けないので必要ないでしょう。
酸素カプセルは、スッキリしますのであれば利用したいところです。